写真の浮かぶ空

日々の散策記録を綴っていきます。

狐の住処 【伏見稲荷大社】

f:id:khikmy64-38g:20170310190436j:plain

大学生活に終わりが見え始めた3回生の冬。

3回生の全過程が終了しいよいよ就職活動が近づいてきた僕は、とりあえず息抜きにと散歩に。今までに3回ほど散策した伏見稲荷大社。今回はその第2回目のときの散策を綴ります。

 

 

伏見稲荷大社とは?

通称「お稲荷さん」とも呼ばれる、全国3万社あると言われる稲荷神社の総本宮。千本鳥居で有名ですが実際は1万本以上もあると言われています。元々は五穀豊穣を司る稲荷神でしたが、現在では商売繁盛の守護神としても信仰されています。

 

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170310190522j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170310190518j:plain

駅を降りたら早速お稲荷さん。

いい天気です。

f:id:khikmy64-38g:20170310190514j:plain

狛犬の代わりに狐が守っています。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170310190436j:plain

いよいよ鳥居のスタート。

旅行雑誌でよく見かけるような一枚。

f:id:khikmy64-38g:20170310190510j:plain

最初の方は鳥居ごとの間隔が狭いので、よりきれいな写真が撮れます。

ここは、いわゆる観光者向けかな。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170310190500j:plain

登り始めて20分後ぐらいで見られる景色。

ここからが本番なのです。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170310190458j:plain

長くて緩やかな左回りか、短くて急な右回りか。

僕は後者を選びました。

ひたすら続く階段…。

f:id:khikmy64-38g:20170310190503j:plain

所々に見られる風情あるお店。

この平坦がとても助かるのです。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170310190454j:plain

そしてここが山頂。

とりわけ開けた景色があるわけではないので、正直物足りなさは否めません。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170310190450j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170310190445j:plain

下りになると、もはや鳥居を意識していません。

でも、こちらの森の静けさは、僕は好きです。

f:id:khikmy64-38g:20170310190441j:plain

どこへと続く鳥居か。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170310190439j:plain

最後に、外から見た鳥居。

こんな一面も。

 

 

 

伏見稲荷大社へ散歩気分で行ける場所に住んでる僕は幸せ者です。この写真を撮った一年後の最近も行ってきました。

京都観光ではおそらく外せない場所でしょう。毎回行ってもその鳥居のすばらしさは感じられるので、ぜひおすすめです。

山頂までは約1時間ほどで行けると思いますが、けっこう急な階段が続くので動きやすい服装で登ってみてください。

 

 

アクセス

〈市バス〉
南5系統
〈電車〉
JR奈良線稲荷駅からすぐ
京阪本線稲荷大社前駅から徒歩5分
〈その他〉

全国の格安レンタカー予約ならskyticketレンタカー♪