写真の浮かぶ空

日々の散策記録を綴っていきます。

魅惑の寺院 【ワット・アルン / ワット・ポー】

f:id:khikmy64-38g:20170303175309j:plain

卒業旅行 in バンコク2日目。

前日飛行機が遅れたせいで行けなかったので、今日こそはとバンコク市内の寺院へ行ってきました。

 

 

ワット・アルン、ワット・ポーとは?

両寺院ともにバンコクを代表する寺院となっており、バンコク観光の定番となっています。

トンブリ―朝時代に王室寺院となり75mの大仏塔を持つワット・アルンは、別名「暁の寺」とも呼ばれ三島由紀夫の小説の舞台にもなっています。

ワット・ポーは、1788年ラマ1世によって建てられたバンコク最古の寺院で、黄金に輝く大寝釈迦仏は旅行雑誌の表紙を飾るほど有名です。

 

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175147j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170303175150j:plain

チャオプラヤー川を隔ててそびえるワット・アルン。

なぜ工事中。とても残念でした。

対岸へは3バーツの渡し船で行くことができ、夏の日差しを癒すほどにはきれいではなかった川を僕も渡りました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175213j:plain

首が痛くなるほどの高さ。

工事していなかったらさぞきれいやったんやろなと悔やんでも悔やみきれません。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175202j:plain

大仏塔の周りにある4つの仏塔。

装飾がすばらしい。

f:id:khikmy64-38g:20170303175221j:plain

にらめっこ。

f:id:khikmy64-38g:20170303184234j:plain

そしててっぺん。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175301j:plain

次はワット・アルンの本堂へ行きました。

門番の鬼に守られています。

f:id:khikmy64-38g:20170303175247j:plain

本堂の装飾もすばらしい。

f:id:khikmy64-38g:20170303175243j:plain

本尊の周りには120体の仏像がずらりと並んでいました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175306j:plain

帰りの渡し船から。

川は多くの船でにぎわっていました。

そして、次はワット・ポーへ。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175309j:plain

思っていた以上の迫力。

でも実は、足首が工事中でした。なので全体像は断念。

f:id:khikmy64-38g:20170303175313j:plain

お釈迦様の背中を見て何を思う。

偉大すぎる背中です。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175321j:plain

本堂の近くにある、4色の歴代国王のお墓。

西日にも照らされて、とてもきれいでした。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175316j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170303175323j:plain

ワット・ポーにも仏像がありました。

訪れた人たちが触るからか、所々黒ずんでいました。

 

 

 

夕方に回った定番観光地である2つの寺院。ワット・アルンへ行く船着き場とワット・ポーの場所は近いので、思ったより時間もかからずスムーズに回れました。

まさにタイと言える風景と歴史を味わうことができました。

ワット・ポーでは冷たい水がもらえるので、暑さで疲れた体を癒せました。

ちなみに、この地域にあるもう一つの寺院、ワット・プラケオは、前国王の葬儀が催されていたため入場できませんでした。周囲も厳戒態勢が敷かれており、厳かな雰囲気でした。

 

 

アクセス

水上バス

N8(Tha Tien)駅を下船すると、ワット・ポー界隈に着きます。

ワット・アルンへはそこから渡し船。

〈その他〉

タクシー、トゥクトゥクを利用

〈ツアー〉

あなたの旅をもっと充実した旅にしませんか?
Wannatripなら世界中のツアーを多数ご用意しています!
まずはツアーをチェック