写真の浮かぶ空

日々の散策記録を綴っていきます。

歴史のアユタヤ 【アユタヤ遺跡群】

f:id:khikmy64-38g:20170306164715j:plain

卒業旅行 in タイ3日目。

午前中の水上マーケットを後にし、いよいよアユタヤ遺跡群を巡ることに。トゥクトゥクは味気ないなと思ったので、レンタサイクルして自転車で巡ってきました。

khikmy64-38g.hatenadiary.com

 

 

アユタヤ遺跡群とは?

1351年に建都されたアユタヤ朝の都として、18世紀のビルマ軍による攻撃を受けるまで栄えた都市です。現代にその歴史を伝える遺跡群は、1991年世界遺産にも登録されました。

 

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170306164749j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170306164745j:plain

まずは水上マーケットと同じ東側にある、ワット・ヤイチャイモンコンへ。

この遺跡はビルマ軍の攻撃から免れまた再建されたこともあり、きれいな状態でした。

f:id:khikmy64-38g:20170306164740j:plain

遺跡の遠くからでも見える大仏塔の周囲を囲む仏像たち。

f:id:khikmy64-38g:20170306164735j:plain

裏はこんな感じ。

f:id:khikmy64-38g:20170306164727j:plain

仏塔を登ってみると、室内にこんな穴が。

小銭を入れている観光客がけっこういましたが、何があるんでしょうか。

f:id:khikmy64-38g:20170306172021j:plain

仏塔の上では、とても爽やかな風が流れていました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170306164720j:plain

ワット・ヤイチャイモンコンから自転車を20分ほど走らせ、次はワット・マハタートへ。

この遺跡周辺には他にも遺跡が集中しており、アユタヤ観光の中心地となっています。

f:id:khikmy64-38g:20170306164715j:plain

あの有名な、木の根に埋もれた仏頭。

観光客が常時群れていました。

f:id:khikmy64-38g:20170306164704j:plain

仏頭を切断された仏像たち。

歴史の重さを感じました。

f:id:khikmy64-38g:20170306164708j:plain

この遺跡で数少ない仏頭が切断されていない仏像。

この地にとても神秘的な雰囲気を感じました。

f:id:khikmy64-38g:20170306164656j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170306164649j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170306164644j:plain

この遺跡はなかなか広大だったので、各地にいろんな荒廃した遺跡が佇んでいました。

ワット・ヤイチャイモンコンとは全く異なった雰囲気を持つ遺跡でした。

とても暑かったので、この後ここのお土産物屋さんでアイスを食べてひと時のクールダウンしました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170306164624j:plain

次はゾウ乗り。

15分で遺跡の周りを巡れて400バーツでした。ここはチケット制だったのでとてもしっかりしていました。

最後にチップを要求してくるので、20バーツ紙幣程度の用意はしておいていいかも。

f:id:khikmy64-38g:20170306164629j:plain

ゾウからのサービス。

水を吹き出すたび、若干虹が見えて、遺跡を背景に贅沢な光景でした。

f:id:khikmy64-38g:20170306164636j:plain

ゾウから撮った遺跡。しっかり止まってくれました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170306164620j:plain

さて、ゾウの次は3基の仏塔が並ぶワット・プラ・シーサンペットへ。

想像以上にでかく、とても迫力がありました。

特に規制はなく、どこでも足を踏み入れることができました。

f:id:khikmy64-38g:20170306164607j:plain

横から見るとこんな感じ。

f:id:khikmy64-38g:20170306164613j:plain

じっと何かを見つめる犬。

ついて行ってみると…

f:id:khikmy64-38g:20170306164609j:plain

こんな場所が仏塔の中に発見。

犬の住処なのでしょうか。でも、嚙まれると怖いので中に入るのは断念。

f:id:khikmy64-38g:20170306164617j:plain

東南アジアの遺跡に行くとよく見かけるのですが、この積まれた石はなんなんでしょうか。毎回気になります。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170306164606j:plain

少し時間が余っていたので、少し離れにある自転車ならではの場所、ワット・ロカヤスタへ。

この寝大仏のみ。汚れていますが、このぽつんとある感じもまた日本ではない観光地。

 

 

 

以上が自転車で巡るアユタヤ観光でした。

遺跡群を巡る最中にもちょっとした遺跡が道中にあったりして、自転車だからこそ寄れた場所もありました。

1人たった100バーツ、アユタヤ観光に自転車はとても有効です。選んで正解でした。

この地は日本でいう京都のような歴史都市なので、その遺跡ももちろんのこと時代背景がわかるとより楽しめるでしょう。

バンコクだけではもったいないので、ぜひアユタヤにも訪れてみてください。

 

 

アクセス

 

*地図上の黄色い箇所が、今回観光した場所です。青色の場所は、鉄道駅ならびに自転車を借りた場所です。

〈ロットゥ〉

モーチット・バスターミナル(北バスターミナル)にあるプラットフォーム3で乗ることができます。所要時間は約1時間半。

〈鉄道〉

バンコク鉄道駅→アユタヤ鉄道駅。所要時間は約1時間半。

〈ツアー〉

アユタヤでは多くの日本人ツアー団体を見かけました。

 

 

癒しのアユタヤ 【水上マーケット】

f:id:khikmy64-38g:20170305165946j:plain

卒業旅行 in タイ3日目。

バンコク市内は一通り満喫したので、この日は世界遺産の地アユタヤへ足を運ぶことに。アユタヤ遺跡群へ行く前に、まずは水上マーケットへ行ってみました。

 

 

水上マーケットとは?

タイの生活に古くから根付いている水上マーケット。昔運河の上に市場が作られたことが起源となっており、現在ではその独特の市場は生活の一部というよりは観光名所として発展しています。観光客には、「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」や「アムパワー水上マーケット」が有名です。

 

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170305165959j:plain

でっかくタイ語で書かれた水上マーケットの入口。

色鮮やかな花々が出迎えてくれます。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170305165953j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170305170143j:plain

通常の水上マーケットとは異なり、この場所は人工水路の周りに作られた市場。

なので、ボートはあまり泳いでいません。

f:id:khikmy64-38g:20170305165946j:plain

ボートはこのように飾りとして雰囲気を作っています。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170305165939j:plain

スイカを発見。

f:id:khikmy64-38g:20170305165942j:plain

休憩場オシャレでした。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170305165934j:plain

少し裏路地に入るとまた違った風情が。

のどかでゆったりとした時間が流れるこの風景がとても好きです。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170305165932j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170305165956j:plain

水路の周囲にお店がずらり。

お土産物がありすぎてとても迷いました。

おいしそうな香りが立ちこめており、食べ歩きに誘われます。

f:id:khikmy64-38g:20170305165936j:plain

昼食は川を眺めながらサテ―を食べました。

カレー風味が絶妙でとてもおいしかったです。

のどかで贅沢な昼食でした。

 

 

 

ボートに乗れる水上マーケットに当初は行く予定でしたが、アユタヤのこの場所に来て正解でした。僕の好きな雰囲気で、いつまでもここにいたいなとついつい思っていました。

一応ボートに乗ることもできますが、見た感じ買い物をするというよりはクルージングのようでした。(別途料金)。

また、この水上マーケットの隣にはエレファント・ビレッジもあり、ゾウ乗り体験ができます。しかし、料金設定が値切っても高かったのでやめました。実は、この後遺跡の方でゾウに乗ったので詳細はまた次書きます。

アユタヤに遺跡を見に来た方は、ぜひこの水上マーケットにも足を運んでみてください。おすすめです。

 

 

アクセス

 

*赤のポイントが水上マーケットです。

アユタヤには市内を走る交通機関がないため、トゥクトゥクもしくはタクシーで回るのが一般的。

レンタサイクルのお店がけっこうあるので、自転車で回ることも可能です。僕は実際自転車を使い、予想以上に走りやすかったのでこちらをお勧めします。

〈ツアー〉

あなたの旅をもっと充実した旅にしませんか?
Wannatripなら世界中のツアーを多数ご用意しています!
まずはツアーをチェック

 

 

 

魅惑の寺院 【ワット・アルン / ワット・ポー】

f:id:khikmy64-38g:20170303175309j:plain

卒業旅行 in バンコク2日目。

前日飛行機が遅れたせいで行けなかったので、今日こそはとバンコク市内の寺院へ行ってきました。

 

 

ワット・アルン、ワット・ポーとは?

両寺院ともにバンコクを代表する寺院となっており、バンコク観光の定番となっています。

トンブリ―朝時代に王室寺院となり75mの大仏塔を持つワット・アルンは、別名「暁の寺」とも呼ばれ三島由紀夫の小説の舞台にもなっています。

ワット・ポーは、1788年ラマ1世によって建てられたバンコク最古の寺院で、黄金に輝く大寝釈迦仏は旅行雑誌の表紙を飾るほど有名です。

 

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175147j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170303175150j:plain

チャオプラヤー川を隔ててそびえるワット・アルン。

なぜ工事中。とても残念でした。

対岸へは3バーツの渡し船で行くことができ、夏の日差しを癒すほどにはきれいではなかった川を僕も渡りました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175213j:plain

首が痛くなるほどの高さ。

工事していなかったらさぞきれいやったんやろなと悔やんでも悔やみきれません。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175202j:plain

大仏塔の周りにある4つの仏塔。

装飾がすばらしい。

f:id:khikmy64-38g:20170303175221j:plain

にらめっこ。

f:id:khikmy64-38g:20170303184234j:plain

そしててっぺん。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175301j:plain

次はワット・アルンの本堂へ行きました。

門番の鬼に守られています。

f:id:khikmy64-38g:20170303175247j:plain

本堂の装飾もすばらしい。

f:id:khikmy64-38g:20170303175243j:plain

本尊の周りには120体の仏像がずらりと並んでいました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175306j:plain

帰りの渡し船から。

川は多くの船でにぎわっていました。

そして、次はワット・ポーへ。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175309j:plain

思っていた以上の迫力。

でも実は、足首が工事中でした。なので全体像は断念。

f:id:khikmy64-38g:20170303175313j:plain

お釈迦様の背中を見て何を思う。

偉大すぎる背中です。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175321j:plain

本堂の近くにある、4色の歴代国王のお墓。

西日にも照らされて、とてもきれいでした。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170303175316j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170303175323j:plain

ワット・ポーにも仏像がありました。

訪れた人たちが触るからか、所々黒ずんでいました。

 

 

 

夕方に回った定番観光地である2つの寺院。ワット・アルンへ行く船着き場とワット・ポーの場所は近いので、思ったより時間もかからずスムーズに回れました。

まさにタイと言える風景と歴史を味わうことができました。

ワット・ポーでは冷たい水がもらえるので、暑さで疲れた体を癒せました。

ちなみに、この地域にあるもう一つの寺院、ワット・プラケオは、前国王の葬儀が催されていたため入場できませんでした。周囲も厳戒態勢が敷かれており、厳かな雰囲気でした。

 

 

アクセス

水上バス

N8(Tha Tien)駅を下船すると、ワット・ポー界隈に着きます。

ワット・アルンへはそこから渡し船。

〈その他〉

タクシー、トゥクトゥクを利用

〈ツアー〉

あなたの旅をもっと充実した旅にしませんか?
Wannatripなら世界中のツアーを多数ご用意しています!
まずはツアーをチェック

 

 

 

すれすれの市場 【メークロン市場】

f:id:khikmy64-38g:20170302164316j:plain

学生最後の春休みも中盤にさしかかった2月の中旬。

学生最後のバックパック旅行の地として選んだバンコク。市内以外にも魅力はたくさんあるということなので、テレビでよく取り上げられている、市場すれすれに列車が通るあの光景が見られるメークロン市場へ行ってきました。

 

 

メークロン市場とは?

国鉄メークロン駅の前に広がる市場のことで、線路を挟んで市場が並んでいます。普段はテントが張られているのですが、1日に数回列車が通る時はそのテントをたたみ、列車が通過すると何事もなかったかのように再開される、そんなユニークな市場です。

 

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164522j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170302164514j:plain

スタートはここバンコク市内のウォンウィアン・ヤイ駅。

少しわかりにくいところにありました。

終点マハ―チャイ駅まで約1時間の運賃はわずか10バーツ。驚異的な安さです。

f:id:khikmy64-38g:20170302164507j:plain

列車はしばらく発車しないので、みんなお構いなしに線路を横切っています。

日本ではトレンドながら問題あり。

f:id:khikmy64-38g:20170302164502j:plain

駅の脇には朝市が並んでいました。

とても生活感があり、せわしなくもまったりとした雰囲気が漂っていました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164454j:plain

列車発車後、ある駅にて列車を待つ犬を発見。

待ちくたびれていました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164424j:plain

 終点マハ―チャイ駅に10分遅れで到着。

次の列車までの時間が迫っていたので駅周辺の撮影は諦めました。

次の列車の駅へ行くには川を渡らないといけないので、ライダーたちと共に船で渡りました。

f:id:khikmy64-38g:20170302164436j:plain

わずか数分の船旅。

でもその穏やかさにとても癒されました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164421j:plain

そして何とか到着したバーレーン駅。

ここから、目的地である終点メークロン駅までまた約1時間、運賃は10バーツでした。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164411j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170302164405j:plain

約1時間後…列車は速度を落とし、ついにメークロン市場に着きました。

このすれすれ感。正直、テント列車に当たってます。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164342j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170302164356j:plain

早速市場を散策。

元々は地元の市場だったのでしょうが、多くの観光客で市場はとてもにぎわっていました。

生魚や肉が売られていたので、市場内は独特の匂いが立ちこめていました。

f:id:khikmy64-38g:20170302164346j:plain

商品がっつりレールに当たっています。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164338j:plain

テントをたたみ始めました。もうじき、列車が発車します。

f:id:khikmy64-38g:20170302164334j:plain

青い服着ているおっちゃんがやっているお店でバナナスムージーを買って、スタンバイ。

そして、絶好のポジション取りに成功。

f:id:khikmy64-38g:20170302164329j:plain

これはセーフらしい。

来世、あの野菜たちにはなりたくないです。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164316j:plain

列車が来ました。

観光客が一斉にシャッターをきります。

f:id:khikmy64-38g:20170302164322j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170302164319j:plain

商品すれすれに通り過ぎる列車。

迫力満点。

この距離と角度から列車を見ることはもう一生ないでしょう。

 

 

 

日本では決して味わえないとても貴重な体験ができました。来てよかったと心から思いました。

地元の方だからこそ分かる商品陳列の限界。これで事故がないのが信じられません。でも思ったのは、ある程度の危険を許容することこそが一番の安全なのかなと。

バンコクに来た際は、必ず来ないと損です。今回ここへ来て、それが断言できます。

ちなみに、帰りはロットゥで帰りました。さすがに列車は疲れました。

 

 

アクセス

〈電車〉

国鉄ウォンウィエン・ヤイ駅→マハチャイ駅 (約1時間)

マハチャイ駅→渡し船→バーレーン駅 (約20分)

バーレーン駅→メークロン駅(約1時間)

〈ロットゥ〉

旧南バスターミナルから約1時間半

〈ツアー〉

あなたの旅をもっと充実した旅にしませんか?
Wannatripなら世界中のツアーを多数ご用意しています!
まずはツアーをチェック

 

 

わびさびの冬 【銀閣寺】

f:id:khikmy64-38g:20170227213011j:plain

春の日差しを感じ始めた、2月の下旬。

僕は今までに京都の各地を散策してきましたが、なぜか銀閣寺へは行ったことがなかったで、時間があるうちにと思い世界遺産銀閣寺へ行ってきました。

 

 

銀閣寺とは?

東山に位置する銀閣寺は室町幕府八代将軍足利義政によって造営され、正式名所は「東山慈照寺」。銀閣寺は臨済宗相国寺派の禅寺であり、元々は山荘寺院としての起源があります。

 

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170227213011j:plain

チケットを購入し、入ると早速観音殿が。

多くの観光客がカメラを向けていました。

残念ながら、僕は教科書のような角度からの撮影はできませんでした。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170227213003j:plain

少し歩いたところにある洗月泉。

ちょろちょろと落ちる水がまた風流。

f:id:khikmy64-38g:20170227212955j:plain

洗月泉に投げ込まれた小銭。

パワースポットらしいです。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170227212946j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170227212938j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170227212927j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170227212911j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170227212901j:plain

ここからは山道の苔たち。

冬で青々とは茂ってなかったけれど、可愛らしい苔たちに癒されました。

正直、観音殿より苔の方が見ごたえありました。世界遺産に対してこんなこと言って良いのやら…。

根の生え方がどこらラピュタを思わせたりなかったり。

f:id:khikmy64-38g:20170227212906j:plain

山頂から見た観音殿。

木の枝が邪魔やなと隣で写真撮っていた人がぼやいていました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170227212847j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170227212833j:plain

出口際で撮った裏の観音殿。

 

 

 

冬のわびさびを味わってきました。やっぱり、京都のお寺は落ち着きますね。

同じ京都市内にある西芳寺(通称苔寺)を真似た庭園は、見ごたえ十分でした。今度は夏に行ってみたいな。苔が好きな方はぜひ。

 

 

アクセス

〈市バス〉

京都駅から:5.17.100(EP)系統

四条河原町から:17.203系統

金閣寺から:102.204系統

〈電車〉

京阪鴨東線出町柳駅から徒歩約30分

〈その他〉

全国の格安レンタカー予約ならskyticketレンタカー♪