読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真の浮かぶ空

日々の散策記録を綴っていきます。

すれすれの市場 【メークロン市場】

タイ

f:id:khikmy64-38g:20170302164316j:plain

学生最後の春休みも中盤にさしかかった2月の中旬。

学生最後のバックパック旅行の地として選んだバンコク。市内以外にも魅力はたくさんあるということなので、テレビでよく取り上げられている、市場すれすれに列車が通るあの光景が見られるメークロン市場へ行ってきました。

 

 

メークロン市場とは?

国鉄メークロン駅の前に広がる市場のことで、線路を挟んで市場が並んでいます。普段はテントが張られているのですが、1日に数回列車が通る時はそのテントをたたみ、列車が通過すると何事もなかったかのように再開される、そんなユニークな市場です。

 

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164522j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170302164514j:plain

スタートはここバンコク市内のウォンウィアン・ヤイ駅。

少しわかりにくいところにありました。

終点マハ―チャイ駅まで約1時間の運賃はわずか10バーツ。驚異的な安さです。

f:id:khikmy64-38g:20170302164507j:plain

列車はしばらく発車しないので、みんなお構いなしに線路を横切っています。

日本ではトレンドながら問題あり。

f:id:khikmy64-38g:20170302164502j:plain

駅の脇には朝市が並んでいました。

とても生活感があり、せわしなくもまったりとした雰囲気が漂っていました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164454j:plain

列車発車後、ある駅にて列車を待つ犬を発見。

待ちくたびれていました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164424j:plain

 終点マハ―チャイ駅に10分遅れで到着。

次の列車までの時間が迫っていたので駅周辺の撮影は諦めました。

次の列車の駅へ行くには川を渡らないといけないので、ライダーたちと共に船で渡りました。

f:id:khikmy64-38g:20170302164436j:plain

わずか数分の船旅。

でもその穏やかさにとても癒されました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164421j:plain

そして何とか到着したバーレーン駅。

ここから、目的地である終点メークロン駅までまた約1時間、運賃は10バーツでした。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164411j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170302164405j:plain

約1時間後…列車は速度を落とし、ついにメークロン市場に着きました。

このすれすれ感。正直、テント列車に当たってます。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164342j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170302164356j:plain

早速市場を散策。

元々は地元の市場だったのでしょうが、多くの観光客で市場はとてもにぎわっていました。

生魚や肉が売られていたので、市場内は独特の匂いが立ちこめていました。

f:id:khikmy64-38g:20170302164346j:plain

商品がっつりレールに当たっています。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164338j:plain

テントをたたみ始めました。もうじき、列車が発車します。

f:id:khikmy64-38g:20170302164334j:plain

青い服着ているおっちゃんがやっているお店でバナナスムージーを買って、スタンバイ。

そして、絶好のポジション取りに成功。

f:id:khikmy64-38g:20170302164329j:plain

これはセーフらしい。

来世、あの野菜たちにはなりたくないです。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170302164316j:plain

列車が来ました。

観光客が一斉にシャッターをきります。

f:id:khikmy64-38g:20170302164322j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170302164319j:plain

商品すれすれに通り過ぎる列車。

迫力満点。

この距離と角度から列車を見ることはもう一生ないでしょう。

 

 

 

日本では決して味わえないとても貴重な体験ができました。来てよかったと心から思いました。

地元の方だからこそ分かる商品陳列の限界。これで事故がないのが信じられません。でも思ったのは、ある程度の危険を許容することこそが一番の安全なのかなと。

バンコクに来た際は、必ず来ないと損です。今回ここへ来て、それが断言できます。

ちなみに、帰りはロットゥで帰りました。さすがに列車は疲れました。

 

 

アクセス

〈電車〉

国鉄ウォンウィエン・ヤイ駅→マハチャイ駅 (約1時間)

マハチャイ駅→渡し船→バーレーン駅 (約20分)

バーレーン駅→メークロン駅(約1時間)

〈ロットゥ〉

旧南バスターミナルから約1時間半

〈ツアー〉

あなたの旅をもっと充実した旅にしませんか?
Wannatripなら世界中のツアーを多数ご用意しています!
まずはツアーをチェック

 

 

わびさびの冬 【銀閣寺】

京都

f:id:khikmy64-38g:20170227213011j:plain

春の日差しを感じ始めた、2月の下旬。

僕は今までに京都の各地を散策してきましたが、なぜか銀閣寺へは行ったことがなかったで、時間があるうちにと思い世界遺産銀閣寺へ行ってきました。

 

 

銀閣寺とは?

東山に位置する銀閣寺は室町幕府八代将軍足利義政によって造営され、正式名所は「東山慈照寺」。銀閣寺は臨済宗相国寺派の禅寺であり、元々は山荘寺院としての起源があります。

 

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170227213011j:plain

チケットを購入し、入ると早速観音殿が。

多くの観光客がカメラを向けていました。

残念ながら、僕は教科書のような角度からの撮影はできませんでした。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170227213003j:plain

少し歩いたところにある洗月泉。

ちょろちょろと落ちる水がまた風流。

f:id:khikmy64-38g:20170227212955j:plain

洗月泉に投げ込まれた小銭。

パワースポットらしいです。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170227212946j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170227212938j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170227212927j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170227212911j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170227212901j:plain

ここからは山道の苔たち。

冬で青々とは茂ってなかったけれど、可愛らしい苔たちに癒されました。

正直、観音殿より苔の方が見ごたえありました。世界遺産に対してこんなこと言って良いのやら…。

根の生え方がどこらラピュタを思わせたりなかったり。

f:id:khikmy64-38g:20170227212906j:plain

山頂から見た観音殿。

木の枝が邪魔やなと隣で写真撮っていた人がぼやいていました。

 

 

f:id:khikmy64-38g:20170227212847j:plain

f:id:khikmy64-38g:20170227212833j:plain

出口際で撮った裏の観音殿。

 

 

 

冬のわびさびを味わってきました。やっぱり、京都のお寺は落ち着きますね。

同じ京都市内にある西芳寺(通称苔寺)を真似た庭園は、見ごたえ十分でした。今度は夏に行ってみたいな。苔が好きな方はぜひ。

 

 

アクセス

〈市バス〉

京都駅から:5.17.100(EP)系統

四条河原町から:17.203系統

金閣寺から:102.204系統

〈電車〉

京阪鴨東線出町柳駅から徒歩約30分

〈その他〉

全国の格安レンタカー予約ならskyticketレンタカー♪